スーパーフードとは


スーパーフードは1980年代頃にカナダやアメリカや食事療法を研究している専門家などが有効成分を多く含んでいる食品に対してスーパーフードという言葉を使うようになったのが始まりだと言われています。それ以降多くの方に知れ渡る言葉となり、身近な存在となっています。実際にスーパーフードと呼ばれている食品はたくさん存在していますが、そもそもスーパーフードの定義とはどんなことが挙げられるのでしょうか。

まず1つ目が栄養バランスに優れており、一般的な食品より栄養素が高い食品であることです。栄養バランスや栄養価が高くないものはスーパーフードと呼ばれることはありません。実際に栄養バランスと栄養価が優れている食品はそれほど多くないので、スーパーフードとして認められている食品もそれほど多くはない状態です。

2つ目はサプリメントと一般的な食品の間のような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途を合わせ持っているかということであり、スーパーフードとして呼ばれるためには重要なことです。

このように、2つの定義が存在していますが、他にもスーパーフードの基準が存在しているので紹介をします。基準としてはスーパーフードの発祥の地アメリカで一般的にスーパーフードとして認知されている食品であることが基準になります。

このように、スーパーフードについて解説しましたが、スーパーフードと呼ばれるまでには色々な条件を満たさなければなりません。他にもこのサイトではスーパーフードについての豆知識を具体的に話します。